1. ホーム
  2. 文学/小説
  3. 西村賢太著「私小説書きの日乗」シリーズ全7巻揃い
西村賢太著「私小説書きの日乗」シリーズ全7巻揃い

商品の説明
ほとんど新品同様と言って差し支えないと思います。全7巻、未読です!
商品の情報
カテゴリー:本・音楽・ゲーム++>本++>文学/小説
  • 商品のサイズ:
  • ブランド:
  • 商品の状態: 未使用に近い
  • 配送料の負担: 送料込み(出品者負担)
  • 配送の方法: ゆうゆうメルカリ便
  • 発送元の地域: 岩手県
  • 発送までの日数: 1~2日で発送








西村賢太著「私小説書きの日乗」シリーズ全7巻揃い

一私小説書きの日乗 (全5巻) Kindle版

第1巻の内容紹介: 2011年3月から2012年5月までを綴った、平成無頼の私小説家・西村賢太の虚飾無き日々の記録。賢太氏は何を書き、何を飲み食いし、何に怒っているのか。あけすけな筆致で綴る、ファン待望の異色の日記文学、第一弾。

一私小説書きの日乗 | 西村 賢太 |本 | 通販 | Amazon

前回は西村賢太はやはり小説の方がずば抜けて面白いんだなと思いましたが この本は小説に負けず劣らずです。 彼の人となりが非常によく分かる1冊になっています。 西村賢太ファンの人には是非読んで欲しい本ですね。

「一私小説書きの日乗」 西村 賢太[角川文庫] - KADOKAWA

文庫「一私小説書きの日乗」西村 賢太のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。2011年3月から2012年5月までを綴った、無頼の私小説家・西村賢太の虚飾無き日々の記録。賢太氏は何を書き、何を飲み食いし、何に怒っているのか。

西村賢太著「私小説書きの日乗」シリーズ全7巻揃い

西村賢太「一私小説書きの日乗 這進の章」単行本未収録分

2022年2月に急逝した、最後の無頼派作家・西村賢太氏がライフワークとして書き継いだ日記文学「一私小説書きの日乗」。. 「日記がなぜこんなにも面白いのか」と、各界にファンの多かった作品の続編を、ついに文庫化。. 芥川賞受賞後の多忙の日々を虚飾

「一私小説書きの日乗 憤怒の章」 西村 賢太[角川文庫] - KADOKAWA

『一私小説書きの日乗 新起の章』(2018年11月、本の雑誌社) 『一私小説書きの日乗 堅忍の章』(2021年3月、本の雑誌社) 誰もいない文学館(2022年6月23日、本の雑誌社 isbn 978-4860114718) 誰もいない文学館(『小説現代』2015年12月号~2018年10月号、全28回)

西村賢太 - Wikipedia

貴重な記録 西村賢太『一私小説書きの日乗』シリーズを読んでいます。 読んでいるといっても、耽読するほどではなく斜め読みです。文学研究の一環で、研究対象が西村と接触があった人であるため、「日乗」に登場していないかと思って渉猟しています。 私が知る限り、「日乗」シリーズは